【アメリカ人事】アメリカ進出のための保険と労務 人事管理

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい。★

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

誰も批評家と話をしたくない。

誰もが味方と話したいと思っています。

 

あなたが誰かの味方であるならば

その人のことを気にかけるし、

その人のことを信じているし、

その人のことを本気で支援するはずだ。

 

そうすれば、きっとその人は

恥ずかしさや自分を防御する鎧を外し、

自分を成長することへフォーカスして

くれる。

 

では、あなたが味方であることをどうやって

伝えたらよいのか?

 

 

次の3つをやってみよう。

 

1.共感する。

 

彼らが苦労している場合は、

その仕事がどれほど難しいかを認めてあげる。

そしてイライラすることもあるだろうし、

困ったり、苦痛を感じることもあることを

認めてあげて欲しい。

 

2.信じる。

 

あなたがその人を信じていることを

伝えて欲しい。

 

その人が直面している課題を

その人は克服できる能力があることを伝えるのだ。

 

3.許可を求める。

 

あなたがその人と一緒にその問題を考えても

構わないと思っているかどうかをその人に尋ねて

欲しい。

 

 

例えば、同僚がチームリーダーとして苦労し、

闘っていることを想像してみよう。

 

やる気のないチームメンバーとの相性が悪い。

 

そこで、批評家ではなく、仲間として

接する言葉を考えよう。

 

私はあなたがその問題を克服できると信じているよ。さあ、私と一緒に問題を考えてみよう。

 

 

 

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

 

答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

 

-----------------------------------------------------

【Movie】2minutes 31 seconds

How to Respond to Criticism

https://youtu.be/-lIZ5-j7QmE

-----------------------------------------------------

【動画】2分31秒

今回の著者Peter Bregman

の批判への対応の仕方

https://youtu.be/-lIZ5-j7QmE

-----------------------------------------------------