【アメリカ人事】アメリカ進出のための保険と労務 人事管理

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい。★

【人事戦略】01/16/2023 (MON) この1週間、全米・各州のHR関連ニュース

【人事戦略】01/16/2023 (MON) この1週間、全米・各州のHR関連ニュース

【アメリカ人事】フィロソフィ顧問契約サービス
シルバー&ゴールドプラン限定のニュースレターをお届け致します。

【シルバー&ゴールド】

このブログでは目次のみ掲載しております。各項目の右端にある数字は資料のページです。

内容は【アメリカ人事】フィロソフィ顧問契約サービス シルバー&ゴールドプラン限定のニュースレターにてご覧下さい。

▼【アメリカ人事】フィロソフィ顧問契約サービスについては下記のリンクをご覧下さい。

https://philosophyllc.com/service/

 

Table of Contents
1.01/13/22 HR Weekly News (全米各州のHR関連ニュース) English +日本語タイトル 3

<Federal> 3
【Wage and Hour】賃金関連法律のレビュー 3
■2022 Wage and Hour Developments: A Year in Review 3
▼2022年賃金関連の法律レビュー 3

【Retention】人材の維持 3
■The Focus for 2023? Retention! (Podcast) 3
▼2023年のフォーカスは?人材の維持について(ポドキャスト) 4

【Retirement】401(k) Part Time 4
■SECURE 2.0 Series Part 2: Workin’ 9-5, What a Way to Make a Living – 401(k) Plan Eligibility for Part-Time Employees 4
▼401(k)Eligibilityが緩和 Part Timeの加入 4

【Pregnancy】妊娠・出産 6
■Biden Signs into Law New Protections for Pregnant and Nursing Employees 6
▼妊娠・出産の従業員を保護する法律成立 6

【FMLA】FMLA(無給休暇) 6
■When an Employee Returns from FMLA Leave, Don’t Be This Employer 6
▼FMLAで戻って来た従業員がいる場合、こんな雇用主にはならないように 6

【Litigation】訴訟 6
■Former CBD Store Employee Settles Misclassification and OT Dispute with Employer 7
▼カテゴライズのミスによる残業代訴訟を示談。 7

<California> 7
【Cal/OSHA】COVID-19 ETS 7
■Cal/OSHA’s COVID-19 ETS Will Remain in Effect Pending OAL Approval of COVID-19 Prevention Non-Emergency Regulations 7
▼Non-Emergency Standardが成立するまでは今までのCOVID-19 ETSが有効 7

【Salary Range Disclosure】サラリーレンジ公開 7
■New FAQs Published for California’s Pay Transparency Law 7
▼サラリーレンジ公開法に関するよくある質問集 7

【FAST Recovery ACT】ファストフード業界のみの最低賃金設定可能等の法律 8
■Temporary Restraining Order Against the FAST Recovery Act 8
▼FAST Recovery ACT(ファストフード業界のみの最低賃金設定可能等の法律)は一時ホールド 8

<Connecticut> 8
【New Laws】新しい法律 8
■Connecticut Clean Slate Law Brings New Requirements for Employers in 2023 and Beyond 8
▼コネチカット州の新しい法律 8

<New Jersey> 8
【Layoff】WARN ACT修正 8
■New Jersey’s Significant and Expansive WARN Act Amendments Will Soon Go Into Effect: 4 Key Changes You Should Know About 8
▼ニュージャージー州WARN ACTの大きな拡大 対象企業はレイオフに退職一時金強制 9
■New Jersey Mini-WARN Act Overhaul Takes Effect in 90 Days 9
▼ニュージャージー州WARN ACTの大きな拡大 対象企業はレイオフに退職一時金強制 9
■Signed, Sealed, Delivered: New Jersey Implements Long-Delayed Landmark WARN Law 9
▼ニュージャージー州WARN ACTの大きな拡大 対象企業はレイオフに退職一時金強制 10

<New York> 10
【New Laws】新しい法律 10
■New York Enacts Three New Employment Laws 10
▼ニューヨーク州の3つの新しい法律 10

【Poster】ポスター 11
■New York State’s Requirement to Provide Workplace Notices and Posters Electronically: What Employers Need to Know 11
▼ニューヨーク州の電子的告知について 11

2.【質問です】4つのリーダーシップスタンス。積極、分析、協力、最後の一つは? 11
3.■The Power of Options 14
The Power of Options 14

4. ■Short 今回の動画 その1 今回の著者 David Nobleの4つのリーダーシップスタンス 16+■今回の動画 その2 Level 5 Leadership(English) 16

5.Short Video ■Short: Four Leadership Stances by David Noble 16
(English)+ ■ Level 5 Leadership (English) 16

6.PLAN AHEAD(HR予定カレンダー)(English+日本語タイトル)締め切り見逃し防止! 17

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR

▼写真の出所:
UnsplashZlaťáky.czが撮影した写真

【人事戦略】01/23/2023(月)この1週間全米・各州のHR関連ニュース

【人事戦略】01/23/2023(月)この1週間全米・各州のHR関連ニュース

【アメリカ人事】フィロソフィ顧問契約サービス
シルバー&ゴールドプラン限定のニュースレターをお届け致します。

このブログでは目次のみ掲載しております。コンテンツは【アメリカ人事】顧問契約サービスシルバー&ゴールドプラン会員向けニュースレターをご覧下さい。

Table of Contents
1.01/20/22 HR Weekly News (全米各州のHR関連ニュース) English +日本語タイトル 3
<Federal> 3
【Job Description】ジョブディスクリプションのレビュー 3
■FP Weekly Checklist: Do Your Job Descriptions Need an Update for 2023? 3


【Pay Transparency】報酬レンジ公開法の全米のトレンドまとめ 3
■THE LATEST AND GREATEST NEW PAY TRANSPARENCY LAWS 3
▼報酬レンジ公開法の全米トレンドまとめ 3


【Performance Management】評価制度について 3
■Implementing a Dynamite Performance Management Process 3
▼ダイナマイト評価制度のプロセス 3


【OSHA 300A】2/1/23-4/30/23 OSHA 300Aの掲示 4
■OSHA Alert: Time to Post Annual Form 300A Summary of Injuries and Illnesses; Penalties Jump More Than 7.7 Percent 4


【Discrimination】差別 4
■Former MGM Resorts Employee Sues for Religious Discrimination in Vaccine Mandate Case 4
▼MGMのワクチン義務化による宗教差別の訴訟 4


■Workplace Emergency Preparedness: Damar Hamlin’s Sudden Collapse During a Monday Night Football Game Spotlights the Importance of Planning for the Unexpected 4▼緊急事態への備え方 4


【Exempt】【Noncompete】Exempt Noncompete 5
■New Year, New State Minimum Compensation Thresholds for Restrictive Covenants 5
▼各州の最低サラリー制限について(Exempt・Noncompete等) 5


■Getting Healthcare in 2023 and Beyond…Virtually…and Securely 5
▼2023の医療保険 バーチャル+安全 5


【Retirement】リタイアメント 5
■SECURE 2.0 Series Part 3: Retirement Plan Required Minimum Distribution Age to Increase to 75 5
▼SECURE 2.0について 5


<California> 6
【Poster】ポスター 6
■California Labor Agency Posts FAQs Relating to New Pay Scale Posting Requirements 6
▼カリフォルニア州の求人広告報酬開示の労働法ポスター 6


【Bonus】Nonexemptのボーナス 6
■Appellate Court Holds That Percentage Bonuses Can Be Calculated Using FLSA Method 6
▼Nonexemptボーナス計算に関する判例 6


【EDD】EDDレート更新 6
■Updated Rates for California EDD Benefits and San Francisco Paid Parental Leave Ordinance for 2023 6
▼EDDレート更新とサンフランシスコ市Paid Parental Leave 2023の更新について 6


<Colorado> 6
【Wage】賃金 6
■Colorado’s New Pay Standards Reflect the State’s Rising Cost of Living 6
▼コロラド州の生活コスト 新しい賃金基準で高騰 7


<Illinois> 7
【New Paid Leave】新しい有給休暇 7
■Top 5 Questions for Illinois Employers As You Prepare for New Paid Leave Requirements 7
▼新しい有給休暇に5つの質問 7


■Illinois Set to Become Third State to Mandate Paid Leave for Any Reason 7
▼イリノイ州有給休暇法 7


【Pay Equity】賃金平等法 8
■Final Regulations Governing Illinois Equal Pay Act’s Certification Requirements are Published 8
▼賃金平等法についての最新規定 8


<Minnesota> 8
【CROWN】ヘアスタイル差別禁止法 8
■Minnesota Expected to Pass CROWN Act Prohibiting Discrimination Based on Natural Hair 8

<New Jersey> 8
【WARN】州のWARN ACT成立 8
■New Jersey’s Expanded Mini-WARN Law to Take Effect April 2023 8
▼ニュージャージー州 州のWARN ACT 8


<New York> 9
【AI】採用におけるAI制限 9
■NYC Department of Consumer and Worker Protection Release Revised Version of Proposed Guidance Rules for the City AI Ordinance 9
▼ニューヨーク市のAI利用制限について 10


<Washington> 10
【Pay Transparency】求人広告報酬レンジ公開 10
▼ワシントン州の求人広告報酬レンジ+ベネフィットの公開義務最終ルール 10


2.【質問です】一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか? 10
3.■Case Study: Should Some Employees Be Allowed to Work Remotely Even If Others Can’t? 12


4. ■今回の動画 その1 今回の著者 Corey Phelps – “Cracked It!” 13
+■今回の動画 その2 どうやって苦手な人とやっていくか?(English) 13


5.Short Video ■Corey Phelps – “Cracked It!” 13
(English)+ ■Difficult People: What to Do When All Else Fails / The Harvard Business Review Guide (English) 13


6.PLAN AHEAD(HR予定カレンダー)(English+日本語タイトル)締め切り見逃し防止! 14

 

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR 

 

▼写真の出所:
UnsplashZlaťáky.czが撮影した写真

【アメリカ人事】80%が給与レンジ非公開の企業には応募しないと回答

【アメリカ人事】80%が給与レンジ非公開の企業には応募しないと回答

▼例えば、カリフォルニア州で従業員15名以上の企業に求人広告時のサラリーレンジ公開を義務づけているが、従業員15名未満の企業であっても求人にサラリーレンジを公開しなければ著しく求人時の競争力を失うことになりそうだ。

給与の透明性を求める労働者の傾向は、減速する兆しを見せていません。 ResumeLab の最近の調査によると、回答者の 80% は、給与範囲の情報が不足している場合はその仕事に応募しない可能性が高いと述べ、77% は求人情報に給与を含めないことは違法であるべきだと述べ、80% は雇用主が給与の決定方法を常に説明するべきであると述べました。 

従業員は、給与情報を開示しないという雇用主の理由を引き続き信用していません。 回答者の 79% は、給与情報が省略されているのは、現在の従業員に低賃金であることを雇用主が知られたくないためである可能性が高いと述べています。

回答は、人口統計グループによってわずかに異なりました。 たとえば、修士号を持つ回答者の 89% が雇用主が給与情報を開示することに同意しているのに対し、大卒でない回答者の 66% しか同意していません。

▼出所:4 in 5 workers say they’re unlikely to apply for a job without salary range
Published Jan. 26, 2023

https://www.hrdive.com/news/workers-demand-salary-transparency/641305/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202023-01-26%20Compensation%20%26%20Benefits%20Weekly%20%5Bissue:47605%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Compensation%20%26%20Benefits

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR 

▼写真の出所

UnsplashAlexander Greyが撮影した写真

【第275回アメリカ人事】アメリカで日本企業はどのように見られているのか?TOYOTA編

【第275回アメリカ人事】アメリカで日本企業はどのように見られているのか?TOYOTA編

youtu.be

【アメリカ人事】セクハラ訴訟で2Millionの支払。マクドナルドのFCオーナー会社

【アメリカ人事】セクハラ訴訟で2Millionの支払。マクドナルドのFCオーナー会社

アリゾナ州、カリフォルニア州、ネバダ州にあるマクドナルド レストランのフランチャイズ オーナー兼運営会社である AMTCR, Inc. は、米国雇用機会均等委員会(EEOC)による、10 代の労働者がセクシャルハラスメントや脅迫を繰り返すことを許していたという申し立てを解決するために、1,997,500 ドルを支払うことに同意しました。 EEOCは 1 月 6 日に発表しました (EEOC v. AMTCR, Inc.、No. 21-01808 (D. Nev.、2021 年 9 月 29 日))。

裁判所の文書によると、少なくとも 2017 年以来、AMTCR のマクドナルド レストランの監督者、管理者、および同僚は、10 代の従業員に望まない性的接触、攻撃的なコメント、性的な誘いかけなどの広範な嫌がらせを行っていたと言われています。 不正行為の複数の報告にもかかわらず、経営陣は嫌がらせが続くのを許し、多くの労働者を辞めさせた、と EEOC は主張した。 一例として、54 歳の料理人が 17 歳の従業員にほぼ毎日セクハラを行っていたと、訴訟は主張している。 従業員は上司に苦情を申し立てたが、苦情によると、彼女はマネジャーを信じていないと述べた. 2021 年、EEOC は、1964 年公民権法第 VII 編に違反して、性的に敵対的な職場環境を作り出し、建設的解雇に関与したとして AMTCR を訴えました。

EEOCによると、190万ドルの金銭的救済に加えて、AMTCRは差別、嫌がらせ、報復の苦情を追跡するシステムを確立し、違反者に責任を負わせ、適切な懲戒を行う予定です。 「私たちは、AMTCRが労働者に苦情を提起することを奨励するために全社的に実施することに同意している強力な措置に勇気づけられています。 苦情に迅速かつ効果的に対処するため。 また、差別のない職場環境を確保するために、すべての従業員にバイスタンダー トレーニングを含めることも必要です」と、EEOC 地域弁護士の Anna Park 氏はメディア リリースで述べています。 AMTCR はコメントを控えた。

▼出所:McDonald’s franchise to pay $1.9M to settle claim that teen workers were sexually harassed
Published Jan. 18, 2023

https://www.hrdive.com/news/mcdonalds-franchise-to-pay-19m-to-settle-claim-that-teen-workers-were-se/640473/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202023-01-23%20Compliance%20Weekly%20%5Bissue:47484%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Compliance

 

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR 

▼写真の出所:

UnsplashEshak Angellが撮影した写真

【人事戦術】01/24/23(TUE)この1週間、皆様からいただいた質問集

【人事戦術】01/24/23(TUE)この1週間、皆様からいただいた質問集

▼顧問契約のメンバーの皆様は同様の御質問等ございましたらどうぞお気軽にお知らせいただけると幸甚です。よろしくお願い申し上げます。山口憲和

yamaguchi@yourphilosophy.net

Date Category State Topic 会員区分
1/17/23 COVID-19 CA Close Contactの定義は変更ありませんか? Gold
1/17/23 Employee Handbook CA 2023年のEmployee Handbookはいつ配布されますか? Bronze
1/18/23 Internship CA インターンにも最低賃金を支払うべきか? Bronze
1/18/23 Exempt CA Exemptの最低サラリーにボーナスを含めてもよいか? Bronze
1/18/23 1095-C CA 年の途中で退職した従業員にも1095-C の発行が必要でしょうか? Gold
1/19/23 Bereavement Leave CA Bereavement Leaveの詳細について Bronze
1/19/23 Exempt CA Exemptの最低サラリーはStateの最低賃金で決まりますか? Bronze
1/19/23 Temp staff CA Temp staffは何年雇えるのか? Gold
1/19/23 Pay Data Reporting CA Pay Data Reportingに派遣会社からのスタッフを含めるか? Gold
1/23/23 Drug Test CA Drug Testの結果にどのように対応すべきか? Bronze
1/23/23 Salary Survey CA Salary Survey Gold
1/23/23 Salary Survey CA Salary Survey Silver
1/23/23 Termination TX 解雇について Bronze
1/23/23 Workers Comp TX 労災の利用可否について Bronze
1/24/23 Independent Contractor CA Independent Contractorとして雇用できるか?AB-5とは? Bronze

 

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR

写真出所

UnsplashTowfiqu barbhuiyaが撮影した写真

【質問です】一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか?

 

【質問です】一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか?



-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、20年間

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

【質問です】一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか?

 

ケース スタディ: 一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか?

 

オクラホマシティの石油・ガス会社の 3,000 人以上の

オフィス ワーカーは、Covid-19 のパンデミックが始まって以来、

在宅勤務を続けています。

 

彼らの多くはこの取り決めを気に入っており、

リモートで働く自由も新入社員にとって大きな魅力です。

 

しかし、欠点もあります。現場の油田や掘削現場にいる必要が

ある従業員は憤慨しています。

 

 

高価なオフィス スペースが使用されなくなります。

ダウンタウンの中心部が空っぽであるため、地元の企業は苦しんでいます。

 

会社のCEOは、次のことを決定する必要があります。

全員にオフィスへの復帰を義務付ける必要がありますか?

 

【質問です】一部の従業員だけリモートでの作業を許可しますか?

リモートワークの欠点は他に何がありますか?

 

▼質問の答えの一部は下記メルマガの今回の注目フレーズにて。メインの質問はご自身で回答を考えてみて下さい。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

■Case Study: Should Some Employees Be Allowed to Work Remotely Even If Others Can’t?

MANAGING EMPLOYEES MAGAZINE ARTICLE

Mark C. Bolino

Corey Phelps

 

▼出所

https://hbr.org/archive-toc/BR2301

 

 

 

■今回の動画 その1 今回の著者 Corey Phelps – “Cracked It!”

https://youtu.be/CcTmX0cLp0w

 

―――――――――――――――――――

 

■今回の動画 その2 どうやって苦手な人とやっていくか?

Difficult People: What to Do When All Else Fails / The Harvard Business Review Guide

https://youtu.be/YEEKCLUfnbI

 

―――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

▼【英語版HBR】バックナンバー

http://www.mag2.com/archives/6000001355/

 

 

▼登録・解除はこちらから (御紹介お待ちしております。どうぞ、同志にお勧め下さい)

http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/13/P0001355.html

 

 

▼【宣伝】アメリカ人事のYouTubeチャンネル チャンネル登録は今すぐ!

https://www.youtube.com/channel/UCysh9oTQ216jFY8-y9LWicQ

 

 

 

山口 憲和

----------------------------------------------------------

 

 

 

■動画で人事ニュースをお届けしています。

https://youtu.be/CJllrzXNo1k

 

 

 

▼【無料メルマガ】六つの精進

http://www.mag2.com/m/0000223405.html

 

 

----------------------------------------------------------

山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)

Norikazu (Kazu) Yamaguchi

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

 

----------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services)

Affiliate with Tsuneishi Insurance Agency / Alliance 360

 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

TEL 310-465-9173

FAX 310-356-3352

----------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on

this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice.

----------------------------------------------------------

 

▼写真の出所:

UnsplashSurfaceが撮影した写真