【アメリカ人事】アメリカ進出のための保険と労務 人事管理

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい。★

【問い】部下の問題にフォーカスするよりも何にフォーカスしたらよいのか?

【問い】部下の問題にフォーカスするよりも何にフォーカスしたらよいのか?

 

フィードバックシリーズ第2弾です。

 

ステップ2:活気に満ちた成果とは?

 

マネジャーはすぐにチームの問題にフォーカス

しがちです。—イライラする問題に。

 

  (「そのひどいチームメンバーについて話しましょう。」となりがち)

 

しかし、その問題にフォーカスするのは思いとどまって下さい。

 

 

部下に尋ねてください:

「あなたが望んでいる結果は何ですか?」と。

 

彼らが自分たちのために、

そして組織のために、

達成しようとしていることを

明確に表現できるようにします。

 

(例えば「私は、コミュニケーション、コラボレーション、さらには対立さえも生産的に行う、パフォーマンスの高いチームを作りたいと思っています。」)

 

彼らが前向きで、明確で、意味のある結果に到達するのを手伝ってください。

 

 

【問い】部下の問題にフォーカスするよりも何にフォーカスしたらよいのか?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

 

 

【問い】部下の問題にフォーカスするよりも何にフォーカスしたらよいのか?

 

 

▼答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

 

-----------------------------------------------------

4.【Movie】You can change other people (English)

https://youtu.be/J8JEL5Sun6U

-----------------------------------------------------

5.【動画】もう一人の著者Howie Jacobsonあなたは他人を変えられる(English)

https://youtu.be/J8JEL5Sun6U

 

-----------------------------------------------------

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

誰も批評家と話をしたくない。

誰もが味方と話したいと思っています。

 

あなたが誰かの味方であるならば

その人のことを気にかけるし、

その人のことを信じているし、

その人のことを本気で支援するはずだ。

 

そうすれば、きっとその人は

恥ずかしさや自分を防御する鎧を外し、

自分を成長することへフォーカスして

くれる。

 

では、あなたが味方であることをどうやって

伝えたらよいのか?

 

 

次の3つをやってみよう。

 

1.共感する。

 

彼らが苦労している場合は、

その仕事がどれほど難しいかを認めてあげる。

そしてイライラすることもあるだろうし、

困ったり、苦痛を感じることもあることを

認めてあげて欲しい。

 

2.信じる。

 

あなたがその人を信じていることを

伝えて欲しい。

 

その人が直面している課題を

その人は克服できる能力があることを伝えるのだ。

 

3.許可を求める。

 

あなたがその人と一緒にその問題を考えても

構わないと思っているかどうかをその人に尋ねて

欲しい。

 

 

例えば、同僚がチームリーダーとして苦労し、

闘っていることを想像してみよう。

 

やる気のないチームメンバーとの相性が悪い。

 

そこで、批評家ではなく、仲間として

接する言葉を考えよう。

 

私はあなたがその問題を克服できると信じているよ。さあ、私と一緒に問題を考えてみよう。

 

 

 

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

 

【問い】部下が求めているのは批評家ではなく、どんな人?

 

 

答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

 

-----------------------------------------------------

【Movie】2minutes 31 seconds

How to Respond to Criticism

https://youtu.be/-lIZ5-j7QmE

-----------------------------------------------------

【動画】2分31秒

今回の著者Peter Bregman

の批判への対応の仕方

https://youtu.be/-lIZ5-j7QmE

-----------------------------------------------------

 

【号外】米国最高裁判所、ワクチン義務化をストップ

【号外】米国最高裁判所、ワクチン義務化をストップ

最高裁は従業員100名以上の企業に対するワクチン義務化あるいは週1回のCOVID-19テスト義務化を差し止め。

米国最高裁判所は2022年1月13日(木曜日)、労働安全衛生局(OSHA)の緊急一時基準(ETS)の差止を判断しました。OSHA ETSは従業員100名以上の企業にワクチン接種の義務化あるいはワクチン接種を義務化しない企業は従業員がワクチン未接種の場合毎週COVID-19検査を受けることを要求したものです。最高裁はこのワクチン義務化あるいは週1回のCOVID-19テストの義務化を差し止めました。しかし、一方で連邦政府は、メディケアおよびメディケイド認定のプロバイダーおよびサプライヤーの医療従事者にCOVID-19ワクチン接種を要求することができました。

最高裁の100名以上の企業への義務化を差し止めた理由は、OSHAの規則を「業界やCOVID-19への曝露のリスクに基づいて区別をしていない」として批判しました。また、このルールを「膨大な数の従業員の生活と健康への重大な介入」と呼び、差止としました。

医療従事者へのワクチン義務化を認めた判決では、裁判所は「全国の医療従事者は通常、病気の予防接種を受ける必要がある」と述べました。

 

訴訟の背景

11月6日、第5回米国巡回控訴裁判所は、OSHAのETSを一時的に停止しましたが、その理由はこの指令に反対する州検事総長および民間雇用主による異議申し立てを検討するためでした。雇用主は、OSHAの「従業員の私生活を考えずワクチン義務化を行うことは、政府のひどい行き過ぎである」と主張していました。 11月12日、第5巡回区は規則の停止を再確認した。

ETSに対する同様の異議申し立ては他の連邦控訴裁判所に提起され、訴訟は統合された訴訟で第6回米国巡回控訴裁判所に移されました。

米国司法省(DOJ)は、第6巡回区にETSの復活を要請しました。裁判所に提出されたDOJの文書によると、「この基準を遅らせることは、何千人もの人々を危険にさらし、1日あたり多くの命を犠牲にする可能性が高い」と主張していました。

12月17日、第6回米国巡回控訴裁判所はこのルールの差止めを解除しました。OSHAは雇用主に遵守するための時間を与えるために、〆切りを延期。ワクチン接種検証規則やワクチン未接種労働者の屋内マスキング要件など、12月6日に発効するはずだった規則導入期限が1月10日に延期されました。ワクチン未接種労働者の毎週のCOVID-19検査義務が2月9日に延長されていました。

▼出所
https://tinyurl.com/4yhya2zr

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

 

【問い】手遅れになる前に会社を変化させるための第一のデータとは?

【問い】手遅れになる前に会社を変化させるための第一のデータとは?

#アメリカ人事 #手遅れ #目標設定

大きな市場の変化の兆候に気付いた経営幹部は、

困難に直面しています。

 

彼らは、会社を変えなければならないことを

利害関係者に納得させるための優れたデータを

必要としています。

 

しかし、破壊的な傾向に関するデータが公開される

までに、機会は縮小または消滅し、

彼らの企業は沈みつつある船に乗っている

可能性があります。

 

証拠が十分に明らかになる前に、

リーダーはどうすれば行動する信念を

築くことができるでしょうか?

 

第一のデータは・・・・・・

 

第二のデータは、情報行動パラドックスモデルに

会社の立場をマッピングし、他の崩壊の

フレームワークを使用して、

証明のしきい値を

下げる議論をすることが出来ます。

 

 

【問い】手遅れになる前に会社を変化させるための第一のデータとは?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

【問い】手遅れになる前に会社を変化させるための第一のデータとは?

 

 

 

 

答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

 

答えの前に今週の動画です。

 

-----------------------------------------------------

【動画1】

▼今回の著者が語る 未来を創るために

崩壊をマスターせよ

Master Disruption to Own Your Future

| Pontus Siren

https://youtu.be/OBDId1phjvc

-----------------------------------------------------

【動画2】

▼年始の目標設定を考え直そう。

Rethink Your Resolutions This Year

https://youtu.be/1kqZiBKwWa4

-----------------------------------------------------

 

 

【自己隔離】CDCとはどこが違うのか?カリフォルニア州の自己隔離ガイドライン

【自己隔離】CDCとはどこが違うのか?カリフォルニア州の自己隔離ガイドライン

01/06/22(木)ようやくカリフォルニア州の自己隔離ガイドラインがDpartment of Industrial Relationsのニュースリリースで通知されました。

https://www.dir.ca.gov/DIRNews/2022/2022-03.html

▼CDPHのガイドラインにCal/OSHA ETSは従うということでしたが、その通りにCal/OSHA ETSのガイドを更新しています。

https://www.dir.ca.gov/dosh/coronavirus/COVID19FAQs.html#iso

▼動画でも説明をしております。

https://youtu.be/q2xnpmi1RmM

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

【求人広告】ニューヨーク市の雇用主 求人広告に給与レンジの記載義務

【求人広告】ニューヨーク市の雇用主 求人広告に給与レンジの記載義務

▼求人広告に給与レンジの記載を義務化。仕事内容と給与レンジの設定をしていない企業には急務となる法律。男女の賃金差別を解消するため給与履歴の質問禁止から仕事内容と給与レンジの公開へというトレンドが全米に広がりつつあります。

 

ニューヨーク市議会は12月15日、ニューヨーク市の雇用主に給与範囲(給与レンジ)を求人リストに含めることを要求する法案を承認しました。


この法案は、採用担当者や雇用主が、支払う可能性のある最低給与と最高給与を開示せずに求人広告を出すことを「違法な差別的慣行」としています。


この要件は、一時的な雇用(臨時雇用)の広告や一時的な派遣(臨時雇用の派遣)の広告リストには適用されません。

 

https://www.hrdive.com/news/nyc-council-approves-pay-transparency-bill/616569/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202022-01-06%20Compensation%20%26%20Benefits%20Weekly%20%5Bissue:38971%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Compensation%20%26%20Benefits

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

【ワクチン義務化】スターバックスがワクチン義務化と週1回のテスト導入へ

【ワクチン義務化】スターバックスがワクチン義務化と週1回のテスト導入へ

今のところ1/10/22までにポリシー導入、2/9/22までに週1回のテスト導入を義務づけているOSHA ETS(従業員100名以上の企業が対象)

https://www.osha.gov/coronavirus/ets2

スターバックスが導入開始とニュースが流れてきている。

https://www.shrm.org/ResourcesAndTools/legal-and-compliance/employment-law/Pages/Starbucks-Will-Require-Vaccination-or-Regular-Testing.aspx?utm_source=marketo&utm_medium=email&utm_campaign=editorial~HR%20Daily~NL_2022-1-4_HR-Daily&linktext=Starbucks-Will-Require-Vaccination-or-Regular-Testing&mktoid=50304620&mkt_tok=ODIzLVRXUy05ODQAAAGBxPR2a7iH2pq0HjMNST8ECtvbcMwhpsMP_HMT67UwbL6t9wMxPxUCpr0ybSaWDg98nzHvPglMd_nhhjaFv6MOe22TDOP5nzYr5vn--BwY_gWy8A

OSHA ETSは1/7/22に最高裁のヒアリングがあるということで次の展開が起こる可能性がある。

https://www.jdsupra.com/legalnews/u-s-supreme-court-to-hear-oral-6690192/

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。