【アメリカ人事】アメリカ進出のための保険と労務 人事管理

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい。★

【訴訟】二人の従業員に$464 Million!

【訴訟】二人の従業員に$464 Million!

▼2人の従業員のセクシャルハラスメントと人種差別で陪審員は$464 Millionの賠償請求。そのうち440Millionは懲罰的賠償。

 

▼今回の記事

以前に報告したように、雇用事件における陪審評決はここ数ヶ月で急上昇し続けており、彼らが横ばいになっている兆候はありません。先週の終わりに、ロサンゼルス高等裁判所の陪審員は、2人の原告の報復事件で合計4億6400万ドル(うち4億4000万ドルは懲罰的損害賠償)を裁定しました。この評決は、これまでに授与された金額の2倍以上であり、ローマ帝国の崩壊以来、この種の最大の評決として明確に認められています。

原告は、職場での性的および人種的嫌がらせについて苦情を申し立て、彼らや他の同僚に向けられ、会社から追い出されたとして報復を受けたと主張した。

一人の原告は、2人の女性従業員に対するセクハラの疑いについて経営陣に苦情を申し立て、報復的苦情および他の監督者からの調査を受けた後、建設的に解雇されたと主張した。他の原告は、自分自身と他の同僚の両方の人種的およびセクハラについて、内部倫理ホットラインに匿名で苦情を申し立てました。


2か月の裁判の後、陪審員は1人の原告に2,240万ドルの補償的損害賠償と、4億ドルの懲罰的損害賠償を与え、もう1人の原告に200万ドルの補償的損害賠償と4,000万ドルの懲罰的損害賠償を与えました。

この最新の評決は、2021年12月にロサンゼルス高等裁判所の陪審員からの別の巨大な評決を減らした裁判のすぐ後に出されています。裁判官は、以前の評決が容認できない二重の回復(2つのファーマーズ保険事業体からそれぞれ7500万ドル)を伴うという理由で、懲罰的損害賠償(または、代わりに、新しい損害賠償裁判)の1895万ドルへの評決の削減を命じました。おそらく、懲罰的損害賠償と補償的損害賠償の違憲比率(9または10対1を超える比率は、過度かつ違憲であると推定され、その場合の比率は28対1でした)。

この4億6400万ドルの評決が有効かどうかは時が経てばわかります。それまでの間、これらの巨大な評決について心配している雇用主への私たちのアドバイスは同じままです:仲裁にしましょう。

https://www.natlawreview.com/article/la-jury-delivers-mother-all-verdicts-464-million-to-two-employees?utm_source=Robly.com&utm_medium=email&utm_campaign=2022-06-14NLRCaliforniaLegalNews&utm_content=5330aa870c68bb83c119022857f18c6c

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/8TBg_aGlKMc

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/8TBg_aGlKMc

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。